キリン のすべての投稿

キリン

キリン について

主にフロントエンドを担当している者です。 韓国光州生まれ。 バイクと自転車が好きでペンネームは東本先生の代表作にしました。

クラス名で動く「残り文字数」カウントを作ろう

簡単に実装できる「クラスで動くJQueryカウント」を作ろう。
js_count_200、js_count_1000などのクラス名の数値で文字数を制限しながらカウントする
様に作ってみました。

まずはhtmlから

<textarea class=”js_count_100″></textarea>
<p>残り文字数<span></span></p>

javascript(jqueryライブラリを使用しています)

$(function() {
//キーボードやマウス操作でイベントが発生します。
$(“[class *= ‘js_count_’]”).on(‘keydown keyup change’, function() {
//match関数を使ってクラス名から数値だけ拾って変数iとします。
var i = $(this).prop(‘className’).match(/[0-9]+/);
//iを残り文字数の初期値として見せるために<span>にセットします
$(“span”).text(i);
//textarea内に入力された文字を.val()で取得して.lengthで数えて変数textnumに入れておく
var textnum = $(this).val().length;
//現在残り文字数を取得する
var maxnum = (i) – textnum;
//一部ブラウザーでtextareaはmaxlenghが効かないのでiより長い文字はカットします。
var val = $(this).val().slice(0,i);
if (maxnum<1){
maxnum=0;
$(this).val(val);
}
//入力があるたびに残り文字数をセット
$(“span”).text(maxnum);
//最後に.change()を付けることで入力がなくても最初からイベントを発生させることができます。
}).change();
});

まずはコピペで試してみてください。
それでは次の更新をお楽しみに!

 

ローカル環境のVirtualBoxを他のPCで確認する方法

初めまして。主にフロントエンド担当のキリンです。
前職は印刷屋、COBOL、JAVAプログラマー、iphone修理屋いろいろ・・


↑Sunがまだoracleに買収される前に取得したJavaプログラマー認定証


パキパキになったiphoneもすぐ治せます!

さて本題に入ります。

ローカルのVirtualBoxで構築したものを他のPCからアクセスする方法です。
環境はWin7
Oracle VM VirtualBox®  Version 5.0.12 Edition
設定を開く
ネットワークを選ぶ
高度を押して
ポートフォワーディングを開く
新規ルールを追加か編集で
名前:任意、プロトコル:TCP、ホストポート:8080、ゲストポート:80 に設定する。

VirtualBoxの設定は以上で
次はファイアウォールの設定です。

コントロールパネル → システムとセキュリティ → Windows ファイアウォール → 詳細設定

受信の規則 → 新しい規則
どの種類の規則を作成しますか?「ポート」
「TCP」「特定のローカルポート:8080」
「接続を許可する」
「ドメイン」「プライベート」(必要なものにチェック)
任意の名前を入力して完了
以上ですべての設定は完了です。
-確認-

コマンドプロンプトのipconfig IPv4 アドレスで自分のipアドレスを確認
ブラウザのアドレス入力欄に「http://IPアドレス:8080/」を入力することで確認できます。

以上の方法でステージング環境などにアップロードする前にちょいと確認するにはいいと思います。

それでは次の更新をお楽しみに!