月別アーカイブ: 2014年3月

Coffee Break #1

はじめまして! FAbank事務局の吉良です。

堅苦しい話も苦手なので、気づいた事柄や季節の話を 書いていこうと思います。
今年の寒かった冬もようやく落ち着き始め 時折暖かさも感じるようになりました。 今週末には桜が各地で咲き始めるそうです。

春本番、今週末から花見に出かける方も 多いと思いますが、皆様どこへいかれますか?

都心でも結構きれいに桜が咲く場所も多く、 町中を散策するのもいいかもしれません。 去年は渋谷から恵比寿まで明治通りを歩き、 街路樹の桜並木がかなり綺麗に咲いていたことを 思い出します。

私事ですが写真撮影が趣味なので、 毎年桜の季節に都心の色々な場所に出かけます。その写真がお役立てできるかどうかわかりませんが、時間がなくて花見に行けない方に少しでも 春の雰囲気を感じてもらえればと思い、過去に私が撮った写真を掲載させていただきます。

①お台場フジテレビ前 わかりづらいですが、フジテレビ前で撮影しました。 フジテレビ前の桜並木も結構綺麗に咲いております。

SONY DSC

②明治通り(渋谷~恵比寿) 散歩しながら歩くとちょうど良い距離なので、 割りとオススメです。 結構飲食店もあり、花より団子の誘惑に負けてしまうこともあるかも?

SONY DSC

③目黒川(中目黒) 目黒川沿いは言わずと知れた桜の名所。 中目黒ではこの時期桜まつりが行われていたりします。両サイドの道でも出店が出ており、こちらも食べ物の誘惑に負けてしまいがちです。

SONY DSC

④府中(大國魂神社)
関東でも指折りの神社で改修前に撮影した写真です。
5月になると有名なくらやみ祭などもやっています。

SONY DSC

⑤東府中(府中の森公園) 桜並木がかなり綺麗です。 花見の季節は地元の人がかなり来て、ゆったりとした時間を過ごしています。

SONY DSC

採用ご担当者 心の声をそっとお教えいたします♪【第一回】

こんにちは!!

FAbank事務局の飯塚です。

このコーナーは私が多くの採用担当者様とお話しをした中から

最新の現場の声を少しずつ、みな様にご紹介しようというもの。

宜しければ、エントリーシート作成時・面接時に参考にしてください!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

≪質問≫

     「一緒に働きたい人はどんな人??」

 

≪採用ご担当者様のお答え≫

     「自燃性の人にやっぱり来てほしい!!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人には自らモチベーションを高く保てる人から、

人に与えられないとモチベーションを保てない人など、

以下の5つのタイプに分けられるそうです。

 

●自燃性タイプ●

ほおっておいても自分で燃えて、ずっと燃え続けることができる人

自分の中に火種を持ち、自分で火種を育てることができる人

●可燃性●

火種を自ら見つけ燃えられるが、火種を育てられなければ消えてしまう人

●他燃性●

人に火を貰えれば燃えられる、

又は、強制的に火をつけられて燃える人

●不燃性●

何をしても燃えない人

誰からの火も受け付けない

●消燃性

人の火を消してしまう人

 

 

仕事をする上で、

スキル・経験ももちろん大事。

但し、それは基盤となる人間性の上に乗っかって来るもの。

基本的な仕事に対する姿勢の無い人は、、

どんなに優秀なスキルをもっていても

長く一緒に働きたいをは思ってもらえないようです。

 

スキルの向上を目指すとともに、

今一度、心の姿勢がしゃきっとしているか、

自分自身を振り返ってみても良いかもしれませんね。

私自身含めて(苦笑)。。

 

仕事は与えられるもの??

それとも自分で作るもの??

その心の持ち方一つで面接時に出てくる言葉も、

ガラッと変わって来るそうです。

役職は関係ありません。

たとえ新卒であっても自分の役割の中で、

新しいことを生み出すことは全然可能!!

現場の責任者は、

どんなに小さなこと・些細なことでもいいので、

あらゆる場面で新しいものを生み出し続ける人を求めているようです。

 

 

勿論、

いつでも学ぶ姿勢をもっていること、

会社の習わしに従うこと、

はとても大事ですが、

言われたものを100%こなせることを主張しても

採用担当者の方の心には届かないかもしれません。。

 

自分が入ることで、

「こんなことできる」

「こんな効果を生み出すことができる」

「こんなことをやろうと思う」

など、自分のビジョンを是非とも披露して下さい!!

 

知ったかぶりをする必要なありませんが、

その会社を受けようとするからには、

自分がしたいことが少なからずあるはず!!

 

そんな自分のしたいことを自信を持って言えれば、

言葉の内容そのもの以上に、

そんなあなたの姿勢にきっと魅力を感じてくれると思います。

 

先日、採用担当者の方とこんな話をし、

とても印象に残ったので今回はご紹介させて頂きました。

 

それではまた、次回も現場の方の心の声を

ご紹介させて頂きます!!

Webクリエイターのつぶやき(第6回)CMS編

FAbank制作者イメージみなさん、こんにちは
FAbank制作担当者です。
3月になり、暖かくなるかと思えば、風も冷たく寒い日が続いているようですが、いかがお過ごしでしょうか?
今回はCMS(コンテンツマネージメントシステム)について書いてみたい思います。

 

CMSって何?

CMSとはContents Management Systemの略で、そのままですが、コンテンツを管理するシステムのことです。webサイト制作の専門的な知識、例えば、htmlやcss、javascript、Ajax、Jqueryを知らなくても制作できる便利なシステムのことです。

自身のホームページを持ちたい、ネットショップを立ちあげたいなど、専門知識がないとなかなか手を付けにくいかと思われがちですが、CMSを使えば、簡単にできるものもたくさんあり、無料から有料のものまであります。

更新制が非常に優れており、CMSを導入し、webサイトを制作・構築した際、制作主に更新をお願いすることなく、自身(制作を依頼した側)で更新がすぐに可能です。
webブラウザ上でページを作り、公開し、更新できるwebサイトだと思って間違いないと思います。

以下、よく使われているCMSをいつくか紹介しようと思います。どちらかと言うと企業よりのものが多いかもしれませんが、お試しや無償で使えるものも幾つかありますので、使ってみてはいかがでしょうか。

お勧めCMS一覧

MovableType(ムーバブルタイプ)

ムーバブルタイプのサイトイメージSix Apart社が提供するウェブログ(weblog)システムです。ウェブサイトを制作、管理することができ、プラグインによってユーザーが機能を追加することができます。世界中の開発者がプラグインを公開しており、カスタマイズするバリエーションが非常に多く、Six Apart社からデータをダウンロードすることができます。個人ライセンスは無償だが、自身でファイルをネット上にアップロードしインストールやセットアップする必要があるので、WebやFTPの知識が必要となります。

TypePad(タイプパッド)

タイプパッドのサイトイメージ画像Six Apart社が提供するASP型ブログサービスです。MovableTypeの簡易版のような感じのものだと思います。残念ながら日本語のサポートは終了し、新しくなりLekumoビジネスブログになったようです。
英語版はあります。MovableTypeのタグをそのまま使うことができ、国内では@niftyのココログ、OCNのブログ人等がこのシステムを利用しています。

 

 

WordPress(ワードプレス)

ワードプレスのサイトイメージブログを作成するためのソフト(アプリケーション)で、個人から企業サイトまで、幅広く活用されています。
Wordpressは日本国内はもちろんですが、世界中で最も人気の高いブログ作成ルーツです。
個人でも企業、商用利用をしても無料で仕様することができます。また、テンプレートとして用意されているテーマが豊富でデザイン制やプラグインによる拡張機能が数多く用意されており、汎用制が非常に高いCMSです。
wordpressのカスタイズができるようになれば、制作はもちろん仕事の幅が広がります。
注意する点は、常にバージョンアップしていく必要があることです。セキュリティの面で脆弱性をつかれ、
改ざんされた報告もあり、注意が必要です。

 

Joomla!(ジューンラ)

ジューンラのサイトイメージ画像ホームページ構築システムの一種です。webの専門家でなくても使うことができます。
世界中で利用されているCMSでもあり、数多くの個人や企業サイト、学校や行政機関のサイトがJoomlaを使って構築されています。管理画面が見やすく、綺麗にできている印象を受けました。

 

 

jimdo(ジンドゥー)

ジンドゥーのサイトイメージ画像KDDIウェブコミュニケーションズが提供しているCMSです。専門的な知識が無くても、簡単、また低コストにてホームページを作り、更新していくことが可能なオンラインホームページ作成サービスです。

 

 

 

 

ec-cube(イーシーキューブ)

イーシーキューブのサイトイメージ画像日本国内で開発されているネットショップ(ECサイト、オンラインショップ)用ソフトウェアです。
ネットショップを開業することができます。
EC-CUBEはプログラムの内容を無償で公開し自由に改良して配ることができるオープンソースというライセンスで作られています。開発の知識や経験があれば、自由にカスタマイズでき、思い描いたECサイトを構築することができると思います。

 

MODX(モッドエックス)

モッドエックスのサイトイメージPHPとMySQLで動作するオープンソースのCMSです。
デザインや構成の自由度の高さがMODxの特長です。

 

 

 

 

Bind(バインド)

バインドのサイトイメージ画像デジタルステージ社が提供している、ホームページ作成ソフトです。簡単さ、デザイン性に非常に優れており、私個人的には、デザインにこだわりたい方にはコチラがお勧めです。

 

 

 

今回紹介したのは、以上になりますが、気になったものはあったでしょうか?

Webクリエイターのつぶやき(第5回)デザインと目的編

FAbank制作者イメージ皆様、こんにちは。FAbank制作担当です。
3月になり、だいぶ暖かくなりましたね。
と思ったら、また急に寒くなったりと体調を崩してしまいそうになったり
これから花粉の季節かと思うとまた憂鬱になりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

Jリーグが開幕し、スタジアムに足を運びサッカー観戦するのが今から楽しみでなりません。

今回はデザインと目的についてわたしなりに書いてみたいと思います。

何のためにデザインをするのか、デザインの目的を考える

コミュニケーションデザインという言葉をご存知でしょうか?
企業や消費者に向けてメッセージを発信する際、それによって最大限の効果が得られるように、顧客との接点となるもの、媒体や情報など、全体の設計や構成を考えデザインすることです。

デザインをするということは、目的が必ず存在します。情報やメッセージを発信することで、顧客の求めているものを最大限に伝える手段でなければならないと思います。デザインだけで、全てが変えられる、叶うというわけではないですが、顧客がいて、目的がある限り、その目的に近づけることが、デザイナーの仕事だと私は考えています。

売りたい、集客したい、申し込みを増やしたいと目的はさまざまです。
『目的』こそがデザイン、コミュニケーションとしての手段の一つと考えれば、より『目的』に近いデザインが生まれるのではないのでしょうか。

これからデザイナーを目指している方の参考になればと思います。

ここで私がいままで顧客にデザインの要望を聞いた時に言われたことをいくつか紹介します。
「ユニークにしてほしい」「未来感を出してほしい」「家に夢があるデザインにしてほしい」「男に夢を与えるロゴを作ってほしい」などなど上げればいくらでも出てきます。

ヒアリングは必要ですが、またの機会に書きたいと思います。

デザインの筋道を考える

デザインの目的について、上記で書いてみましたが、目線、導線や誘導での筋道について考えてみたいと思います。

webにしろ、紙にしろ、レイアウトする前に制作物のゴールを設定します。デザインの伝え方や見せ方のゴールと視線誘導のゴールの2種類があると思います。

どちらの目的も集客やシェアの拡大、収益増ができるような制作物のゴールです。それができれば、どのようなものにしろ、それが良いデザインなのかもしれません。

目線をどこからスタートし、読ませる、見せる筋道を考えます。スムーズに商品紹介やお得情報、webでは登録や購入に結びつければゴールとなります。

コントラストの付け方や人の真相心理を学んだり、考えたりして、デザインに反映させることができるようになればデザインの分野でさらに幅が広がり、違う世界が見えてくるかもしれません・・・あなたの中でブレイクスルーが起きるかもしれません。可能性が無限に広がるということです。視界に入るもの全てがデザイン要素として捉えれるようになるのかもしれません。

デザインをいろいろ検証してみる

制作したデザインを検証してみましょう。一番てっとり早いのがLP(ランディングページ)やwebのファーストビューに配置してあるバナー、ボタンの色を変えるなどがあります。

商品購入率や申し込み、会員登録など、コンバージョン率を検証します。LPを2種類用意してある一定の期間、公開してコンバージョン率や誘導を検証してみます。ただ、検証するのは、PV数や訪問数が近い日を対象とします。

次は結果がでた方のデザインのレイアウト内容の順序を変えてみるパーターンも作ってみます。もちろん伝え方の順序や見せ方の強弱はあると思いますが、別パターンのものを作ってみます。

そしてまたある一定期間検証してみましょう。それで結果が出たものがより効果に近いデザインではないでしょうか。いろいろと検証してみるのも楽しいと思います。

あなたにとって良いデザインとはなんですか?
最後までよんでくれた方、ありがとうございました。