楽天が12月3日付でJQSから東1に変更すると発表した日

改めてですが、これまでJASDAQだったんですよね(前から話題にはなってたけれど)。12月3日⇒123と伸びている感じが良く出ている日に鞍替えです。

時価総額も国内50位以内にランクインしていて、今波に乗っているガンホー・オンライン・エンターテイメントの2.5倍。知名度よし、業績堅調、DeNAやグリーのプラットフォーム下でSAP事業(”ソーシャルアプリプロバイダー”のほうね)を行う企業がどんどん上場をした昨今、なぜこれまでJASDAQ上場だったのだろうか、と言う感じですが。。

そしてこれとあわせるように、ヤフー、楽天のバナー広告を掲載。

ヤフー(東証一部)のファイナンス情報を見ると時価総額約2兆8千億円、従業員数連結6000人強、PER(実績) (連)24.49倍PBR(実績)が (連) 5.14倍。

一方の楽天が時価総額1兆9千億円、従業員数連結9000人強、(連) 97.16倍、(連) 6.99倍。成長性を感じさせる数字から事業が近ければ明らかに競合。

222

小売店などを含めたECショップの出店で顧客獲得を競っていた二社ですが、ただここにきて、ヤフーのEC事業無料化で、事業自体の方向転換があったのは確かだと思います。んで、宮坂氏が代取になられた後とはいえ、株主のソフトバンクと違い、もともとの社風が公家的文化に近いヤフー側から見ると、”広告掲載ガイドライン”の競合他社から外れた!?と見れそうなわけです。なかなか業界再編の波がくるかも。

この楽天上場鞍替えとヤフーの広告掲載の動きはアメリカのソーシャルメディアの動きとも関連が深い!?

USAでもFacebookやTwitterの上場もあり、ソーシャル系企業は世界中で動いていますが、個人的にはサンフランシスコに本社を置くTwitterと、近場ではあっても、丸の内や新興WEB企業の集まる渋谷・六本木と場所をはずし本社を置いた楽天は近い考えを何かしら持っているのではないかと思ってみていますがいかがでしょうか。

111

WEB系は情報産業なので、便乗したもの勝ちだったりするので、二匹目のドジョウはいるが、三匹目はいない。すぐさまそこにあわせて動き出す企業が多いと思うので、同行をみつつ、ですかね。最近では、楽天市場でも、面白いサービスを開始していますね。コネクトすると誕生日の近い友達が表示され、その友達が興味を持っていると思われる商品をオススメしてくれるとか。

って、あ、さっき言ったこととすでに違って、Twitterではなく米Facebookと米Amazonのオンラインソーシャルサービスと近いのか。。

ah_af1

ま、まあ、でも楽天さん、そういえばブログサービス、RSS1.0しか搭載されてないです。。東北楽天イーグルスの田中将大投手ばりにテンポよくビュンビュンとサービスをリリースしつつ、足元も見ながら楽しいサービス、よろしくおねがいします。

 

【関連記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です