vol.28-集合

hireLink vol.28 「プロとして通用するiOS開発者になろう! Section 4」レポート

こんにちは!

11月10(木)に、株式会社トライブ3階ラウンジにてhireLink vol.28 「プロとして通用するiOS開発者になろう! Section 4」を開催致しました。

概要

登壇者はフリーランスのエンジニアとして様々なシステムを開発し、自身の本も出版されている新居雅行さんをお迎えし、出席された方々にiOS開発者になるためのマルチプロセスや、プログラミングの難しさや問題点、改善策などについてお話して頂きました。

講師

新居 雅行(にい まさゆき)

新居 雅行(にい まさゆき)
新居雅行(にいまさゆき)
博士(工学)。
フリーランスのエンジニア、トレーナーとして、iOSネイティブ開発、
FileMakerによる業務系を中心としたソリューション開発やコンサルティング、Webアプリケーション開発などを行う。
国立情報学研究所特任研究員。
非常勤講師として、慶應義塾大学、亜細亜大学、北陸先端科学技術大学院大学の講義を受け持つ。
90年代にMacのプログラミング本として定番となった
「THINKC(上)(下)」「Macintoshアプリケーションプログラミング」を執筆した。
アップルジャパンで認定トレーニング担当として勤務したが、
退社した翌週にiPhoneのネイティブ開発のSDKがリリースされる。
2008年のAppStoreスタート時より「郵便番号検索」を掲載、その後にさまざまなiPhone/iPad関連の案件に関わる。
「最新iOSプログラミング徹底解説」(技術評論社)がある。
ナガセITスクールの「iPhone/iPadアプリ開発講座」のコース開発およびトレーナーを担当している。
Webアプリケーションフレームワークの「INTER-Mediator」の開発を行う。
電気通信大学大学院後期博士課程修了、国立情報学研究所トップエスイー修了。

【講演の内容】

<プロとして通用するiOS開発者になろう! Section 4>

vol28イベント風景
【マルチプロセス】
○マルチスレッドプログラミング
○スレッドに対する要求や期待
○iOSでの並列処理
○Operationを使った上での不利な点
○同時処理が発生する上での問題点(競合の問題)
○Operationの継承クラス
○その他の話題
vol28イベント風景
講演が始まると参加者のみなさんがとても真剣に新居さんのお話しに聴き入る姿が印象的で、プログラミングの世界が広がっていました。
新居さんご自身もプログラミングにおいては日々勉強しており、奥が深いと話されており、今後の活躍に益々期待が高まりますね。
vol28イベント風景-懇親会
今後ともhireLinkをどうぞよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です