monologについて

あけましておめでとうございます。
2017年もFAbankをよろしくお願いいたします。

Webサービスには欠かせないAPログについて、FAbankでも使っているmonologを語らせていただきます。
[GIT]Using Monolog

特別な設定はせず、デフォルトのまま使っていましたが
公式のドキュメントを読めば様々なProcesserがありますね。
ProcessIdProcessor: プロセスIDをログ出力
IntrospectionProcessor: 実行したファイル名、行番号等をログ出力

これを使ってみましたが以下の機能的に不満な部分も。

1.LineFormmterの%extra%の部分にJSON形式ですべて出力されてしまう
→ %extra%を%extra.proccess_id%に変更すればフォーマットも柔軟に変更できた

2.ProcessIdProcessorのgetmypid()って本当に一意?
→ プロセスとは離れてしまいますが、uniqid()を使うようにしました

3.IntrospectionProcessorの%extra.file%が全てFuel/Core/Log.php
→ debug_backtrace()ってプロセッサー内でcallする物ではなくて、info()やdebug()などの関数内で呼んで初めて必要な情報得られる気が..

MonoLogについては、更新も多いのでこの辺り試行錯誤していきたいと思います。
ではまた!

monologについて」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です