Webクリエイターのつぶやき(第3回)

FAbank制作担当イメージ画像こんにちは。今回はweb、デザイン制作において、役に立つであろうサイトをいくつかご紹介しようと思います。以前はwebデザインの参考となる、まとめサイトのご紹介をしたかと思いますが、今回は、制作やデザインを重点にいくつかご紹介していこうと思います。

 

シルエット素材フリーサイト

http://kage-design.com/

シルエット素材フリーサイトの画面キャプチャシルエット素材を無料でダウンロードでき、商用利用が可能で報告義務もありません。
シルエットを作る手間が省け、サイト内検索をしてみる限り、かなりの種類があると思われるので、目的や用途にあったものを探し、すぐに使えますし、ダウンロードデータはイラストレーター「EPS」のベクター形式なので、自由にリサイズが可能とデザイナーからしたら、かなりありがたいフリーのシルエット素材サイトです。

5秒でCSSを整形するツール「CSS Beautify」

http://web-mimemo.com/web/css_beautify/

5秒でCSSを整形するツール「CSS Beautify」の画面キャプチャみなさんはCSSを手打ちで書いてるのでしょうか?それともDreamweaverのようなオーサリングソフトを使用しているのでしょうか?
今のテキストエディタやオーサリングソフトは機能も充実していて、フリーのものでも使い勝手がよいものもたくさんありますよね。

CSSを書いている内に、改行やインデントができてなかったり、後で見てみたら、自分で見てもわかりにくかったりという経験はありませんか?納期に追われて、スピードコーディングをして、コードがグチャグチャになってた(-o-;)経験は私はありました。

たとえば、自身がコーディングした後に他の人がサイトを修正したり、更新したりと作業発生することがあるのと思うので、コードはやはり、見やすく、解りやすいほうがいいですよね。

そんな時に「CSS Beautify」を使えば、グチャ×2(-o-;)なコードでも、綺麗に整頓してくれます。コーディングしたコードをコピってテキストエリア内に貼り付け、変換するだけで、綺麗にしてくれる便利サイトです。

 

iconfinder(アイコンファインダー)

https://www.iconfinder.com/

iconfinder(アイコンファインダー)の画面キャプチャ海外のアイコン素材サイトです。そもそもアイコンって何に使うの?という人もひょっとしたらいるのかもしれないので、さらっと私なりに書いてみたいと思います。道路でも地下鉄でも、どこのものでもよいので標識を思い浮かべてください。
役割や用途を目印として伝えることを目的に使われます。インターネットを見ているとさまざまなアイコンを見ていると思います。ユーザービリティの向上になりますし、用途を役割を伝えるのはもちろんですが、ビジュアルとして、デザイン要素にもなります。
文字だけでは伝えにくかったりするとき、人の頭に連想しやすいアイコンを考えて使ってみましょう!素材をダウンロードして使うことはもちろんですが、アイコンを探して、アイディアとして自身で作ってもおもしろいと思いますし、制作物全体のテイストやデザインにあった素材制作に役立つのではないでしょうか!

※全てが無料ではなくなってしまったようです。(-_-;)残念。。。

font free(フォントフリー)

http://fontfree.me/page/7/

font free(フォントフリー)の画面キャプチャなんと!日本語フォントをフリーで使える!ありがたすぎる、「神サイト」です。
実際、私もいくつか使わせていただきました!デザイナー日和につきます。
windows、Mac版と分かれています。
漢字に変換したら、フォントがなかったりと「なん・・・・だと」と思ってしまったことがありましたが、フォントを作っている会社もビックリなありがたサイトです。

 

実践SEOマニュアル118個

http://blog.mf-seo.com/archives/10143

実践SEOマニュアル118個の画面キャプチャSEO対策のことが豊富に載っているブログサイトです。
SEOを意識した、Web制作のためになることがたくさん載っています。

 

 

 

さきちんweb

http://sakichin.com/

さきちんwebの画面キャプチャホームページの作り方をかわいいイラストを交えて、丁寧に解説しています。
Web制作初心者の人は参考になるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です