Webクリエイターのつぶやき(第7回)

FAbank制作者イメージこんにちは。FAbank制作担当です。
桜が満開で、すっかり春一色になりましたね。
みなさんは、桜を見にいかれたのでしょうか?
今回はデザインにおけるフォントについて私なりに書いてみたいと
思います。

フォントについて

みなさんはデザインを作る際どんなことを意識してフォントを選び使っていますか?
フォントはデザインのイメージやテイストを伝えるもっとも重要なデザイン要素の一つであり、少しでも関心がある人に見てもらう、読んでもらう、事を意識してチョイスすることが重要です。

例えば、クライアントから力強い男らしいイメージにしてほしい!
可愛らしくて若い女性をターゲットとするテイストにしてほしい!など

ほんとに基本ではありますが、男らしいイメージであれば、紙面のスペースを考え
ゴシック系のフォントを端から端まで、はみ出すくらい大きく傾けて配置したり、

image可愛らしくて若い女性ということであれば、角丸や手書き風フォントなど
コゴに動きをつけたり、フォントに飾りをつけたりと工夫していろいろを見せ方を
試したりすることで、私なりに言わせてもらえば「フォントが解ってくる?」のではないかと思います。

文字のジャンプ率を考える

またまたデザインの基本ではありますが、デザインにおていのジャンプ率をご存知でしょうか?
ジャンプ率とは、大まかなにいってしまえば、差をつける、文字の比率で比較するなどです。
また色を変える、濃薄を変える、フォントの種類を変える、あとは見せ方で差をつけるなどがあります。

広告を作る際、ユーザーの目線を誘導し、どこから読ませるかスタート地点を設定し、ゴール地点はどこにするのか、文(文字)を読ませる優先順位や内容を考え、ゴール地点へと導き、ユーザーに購入する、登録するといったアクションを起こさせます。
優先順位をつけるために文字にジャンプ率やコントラストを付けて、メリハリを出してデザインしていき、形にしていきます。

例えば、見出しはテーマに沿った特徴のあるフォントを大きく配置し、目立たせ目線を誘導し、スムーズにキャッチをよませる⇒商品内容を紹介する⇒商品画像を見せる⇒連絡先などが一般的です。
参考になったでしょうか。。。

よく使うであろう、フォントのご紹介

よく使われているフォントについて幾つか上げてみようと思います。

***********メジャー**********
・ダイナフォント
・モリサワ
・ヒラビノ
・小塚
・ヘルベチカ

***********まあま使われている?**********
・イワタ
・モトヤ
・フーツラ
・ロゴジー(筆者お勧め)

現在は、日本語フォントを含めネット上にたくさんのものが
あります。
いろいろと探して、使ってみてはいかがでしょうか!

お勧めのフリーフォントサイト

・フォントフリー(http://fontfree.me/page/7/
・マニアッカーズデザインフォント(http://mksd.jp/designfont.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です