デザイナーのキャリアについてPart2

FAbank制作担当イメージ画像皆さん、こんにちは、今年も残り僅かですね。
いかがお過ごしでしょうか。。。

前回の続きでになりますが、デザイナーのキャリアについて
書いてみたいと思います。

フリーランスをやってみて

仕事を受ける手段として以下を上げてみました。

・信頼できる人と良いコネクションを作り、二次受けで主に仕事をもらう
・紹介会社を通じて、常駐、非常駐の案件を紹介してもらい業務委託として
受ける

・直接企業と業務委託として、仕事を受ける
etc

などがあります。

デザイナーとして、一度はやってみるのも良いと思います。今まで、制作のみで
業界がどのように回っているか、契約や金額間を知り、見て、理解することができると思います。
今後の事を考える良い機会で、デザイナーとしてのキャリアのターニングポイントに
なるかもしれません。

ポートフォリオをつくろう

売り込むにも自身のポートフォリオを必須です。
スキルをクライアントに知ってもらうには一番手っ取り早い方法です。
シンプルなものから、おしゃれでアート的?なポートフォリオを幾つか見たことがあります。
ポートフォリオはデザインの縛りがないぶん、自身のセンスや特徴を出しても面白いと思います。

今回は短いですが、この辺で

ではまた、来年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です