タグ別アーカイブ: HTML

hireLink Vol.2 語ろう!Web制作者のキャリアパス 皆さんご来場ありがとうございました!

こんにちは! FAbank担当の工藤です。
8/5(水)に開催されました【パネル&MeetUp】語ろう!Web制作者のキャリアパス hireLink Vol.2に参加していただきました皆さん、ありがとうございました!では当日のイベントレポートをお送りいたします。

まずは改めて登壇いただいたお二方をご紹介します。

堀口 誠人 (株式会社LIG フロントエンドエンジニア)

2012年に株式会社LIGに入社。
マークアップエンジニア、アシスタントデザイナーを経て今に至る。
「まだ俺本気出してないから」が口癖だったが、2014年 第一回HTML5カルタ大会 優勝 / 2014年 第一回ZenHack 優勝
など、2014年辺りからようやく本気を出し始める。
2015年からはオンライン授業サービス「スクー」にて講師を務める。

酒井 優 (フリーランス Web制作者 / 講師 / WEBCRE8.jp主催者/ HTML5カルタ開発者)

sakai

1980年8月生まれ フリーランス。
Webサービス運営会社でWebデザイナーからディレクションまでの仕事を経験したのち、現在は受託制作と講師業の二つの形でWeb制作業界に関わっている。
Web制作者向けブログ「WEBCRE8.jp」を運営するほか、Web制作者向けのHTML5学習ゲーム「HTML5KARUTA」の制作・販売を行う。
HTML5の技術者コミュニティー「html5j」や日本ディレクション協会などのコミュニティーに所属しつつ、自身でもセミナーイベントやWebを使った企画などを幅広く行っている。

Twitter: @glatyou / @webcre8

では当日の模様を振り返りましょう。

無題
パネルディスカッション用に用意したテーマはこんな感じ。両先生に一問一答方式でお答えいただきました。

Q1. Webの世界を志したきっかけは?

酒井さん: 積極的に「この業界を志す」って感じではなかったんですが、最初はPhotoshopくらいしか出来なかった自分でも、学歴もキャリアも関係なくスキルさえあれば生きていけるというこの世界に魅力を感じました。子供の頃はゲームを作りたいという夢がありましたが今はWebの世界をどう面白くするか、どう便利にするかという方向に興味がシフトしてきています。

堀口さん: 好きだからというのが答えになるんですけれども…最初にWebサイトを作ったのは小学生の時だったんですけど…その頃小説を書くのにはまっていて…今見返すとかなり恥ずかしい内容なんですが…その小説を発表する場をつくろうと思って、自分でWebサイトを作ったら面白味を感じたんですよね。
もう一つは、就職活動をした時に自己分析したら「朝起きて、スーツを着て、営業頑張る」みたいな自分をどうしても想像できなくて…そいういうことをやらなくていい仕事を集約したらWebの仕事だったのもありますね。

PIC_0040

Q2. 最近注目している技術は?

酒井さん: 新技術という意味では特にないです。むしろ基本に立ち返ることの重要さを感じていますね。そういったこともあって、HTMLやCSSについての基本的なことについて再フォーカスするためのイベント、「Back to Basics」を主催しているので、ぜひチェックしてくださいね!

堀口さん: 個人的に興味が有るのは「設計する」という考え方です。HTMLにしろCSSにしろJSにしろ、近年高度化するにしたがって構造が複雑化してしまう傾向にある。ですからある程度の規模以上のサイトを作る際には、その後の運用のしやすさや修正のしやすさを考えてCSSをしっかりと構造化させて記述することが大事です。CSS設計の思想にはSMACCSとかBEMとかがあります。これについては8月20日にSchooで【CSS設計】BEMを使った破綻しにくいHTML, CSSの書き方という授業でお伝えしますよ!

Q3. フリーランス VS 正社員 働き方について教えて!

酒井さん: 私の場合、案件ごとにWeb制作のお仕事を受注するだけではなくて、学校の講師をやっています。この講師の仕事が一つの安定的な収入源になっているのが大きいです。フリーランスは2ヶ月後の仕事の予定が無かったりしますからね!一つの大きな案件にとりかかっている時には別の案件の予定を入れられなかったりするので、このあたりの管理は難しいです。あと、意外に思われるかもしれませんが、フリーランスにこだわっているわけではなくて、時が来れば案外正社員になるかもしれません。

堀口さん: 僕の場合、株式会社LIGが2社目の就職です。今日もこうして喋らせてくれているように、LIGは自分の仕事さえやっていれば社員にも比較的自由にやらせてくれます。ですので、時間的な拘束はフリーランスの方よりは長いかもしれませんが今のところ自分のペースで楽しく仕事ができています。

Q4. スペシャリスト VS ジェネラリスト どちらを目指すべき?

酒井さん: 基本的にどちらを目指してもいいし、自分もどっちとは思わないんですが。特化したスキルを持つのは大事です。ただRPGで言えば攻撃力は高くてもHP超低いやつとか連れていけないじゃないですか!だから基本の底上げが大事ですね。また、フリーランスだと「酒井さん、○○したいんだけど誰かいい人居ないかな?」というように仕事を依頼されるので「Canvasならあいつだな」とか特化したスキルを印象付けることは重要で、それが次の仕事につながっていきますよ。

堀口さん: 本当に凄い人は深く広く出来ます。LIGのチーフエンジニアはJSのスペシャリストですが、他の技術もしっかりしていて尊敬しています。
最近履歴書だけ見たら素晴らしい新入社員が入社しました。凄く仕事ができるのだろうと思って人事の人に聞いたら「いやそうでもないよ」と言っていて…ジェネラリストを目指すとしても広く浅い知識では武器にならないこともありますよ。

Q5. 将来への不安はありますか?

堀口さん: フロントエンドエンジニアの仕事は今後なくなってしまうんじゃないかと思われる方も多いでしょうが、食いっぱぐれないらしいです。その理由は…この前呑み屋で聞いた話なんで今忘れちゃったんですけど、後で交流会の時に思い出すかもしれないので聞いてください(笑)。

酒井さん: 今はWeb制作の自動化が進みつつありますが、それを操作するのは結局人間だし、新しい技術はどんどん出てきますから、それを使いこなす人としてのフロントエンドエンジニア、コーダーという仕事はなくならないと私も思います。

酒井さん、堀口さんありがとうございます。とても勉強になりました!

IMG_3068
イベント後半ではHTML5KARUTA大会を開催。

初級編はまだイケても中級編がめっちゃ難しい!自分は中級編では3枚しか取れなかったので、もっと勉強しなくてはと燃える気持ちが掻き立てられました!
“伝説のタグ”legendはしっかり憶えました。

IMG_3298
最後に皆さんで記念撮影。酒井さん、堀口さん、そして来場者の皆さん、有意義な時間をありがとうございました!

次回予告

次回はhireLink vol.3 プロとして通用するiOS開発者になろう!知っておきたい5つのSwift新技術と題して、iOS開発者さん向けの勉強会を開催します。また、9月2日にはhireLink vol.4を開催。『フラットデザインの基本ルール』著者の佐藤好彦さんをお招きして、Appleのジョナサン・アイブ氏のデザインやGoogleのマテリアルデザインを解説していただきます。

hireLink vol.3 お申込みはこちら

FAbank登録者の方(お席を優先確保いたします): こちらから「hireLink参加希望」と書いてメールしてください。
※FAbank 30秒簡単登録はこちら
※モバイル / スマホ30秒簡単登録はこちら
Connpassから応募: Connpassから応募
ATNDから応募: ATNDから応募