タグ別アーカイブ: JAVA

11/26 (木) hireLink vol.11 アプリ開発者にオレはなるっ!ホントにゼロからのプログラミング講座

今回のアジェンダ

超初心者からスマホアプリ開発者を目指す人のための無料プログラミング入門講座です。
今回は難しい環境設定が要らない、Webブラウザで動作するコンピューター言語であるJavascript (jQuery) を用いてプログラミングの基礎の基礎を学びます。
将来的にはJAVAやSwiftを用いた実務レベルのスマホアプリ開発者を目指すことを目標に体系的に学習していきます。
会場のPCをお貸し出しいたします。また、使い慣れたPCの持ち込みもOKです!
※本講座は20代の方を対象としております(18歳以上)。

講師

下川賢介

3322abd

新宿の開発会社バルテックに勤めるシステムエンジニア。
カナダに2年暮らしていた異色の経歴の持ち主。
JavaScriptをこよなく愛し、Javaや.NET、PHPなど幅広い
技術での開発経験を持つ。
大規模サービスの構築にもチームリーダとして参画。
多くのB2Bサービスの開発、保守、運用を担当。
現在は、関連会社J-schooLにおいてプログラミング研修の
講師も兼任するマルチプレーヤー★

hireLinkとは

logo600

hireLink(ハイアリンク)はクリエイターとエンジニアのための無料勉強会 / 交流会です
その名前には”hiring”=雇用と”higher link”=志の高い者同士のつながりという意味が込められています
成長企業のエンジニアやクリエイターを招き、パネルディスカッション形式で最新トレンド技術を学習
勉強会後の交流会では企業代表と直接お話しいただき、就業やキャリアアップにつなげていただけます

詳細

■日時: 11/26 (木) Open 19:00 / Start 19:30
■会場: 株式会社バルテック
■住所: 東京都新宿区西新宿1丁目25番地1号 新宿センタービル50階
■オフィシャルサイト: hireLink
■入場料: 無料
■進行

19:00 開場
19:30 – 19:35 開演 / Introduction
19:35 – 20:30 ハンズオン / 講師:下川賢介
20:30 – 20:40 質疑応答
20:40 – 21:30 交流会
21:30 終了

■定員: 80名
■持ち物:筆記用具とお名刺をご持参ください。
■主催: 株式会社トライブFAbank事務局
■協賛: 株式会社バルテック
Info: TEL:03-5428-5170
Mail: fabank@tribe.bz

アクセス

JR,東京メトロ,私鉄各線「新宿駅」西口から地下コンコースを徒歩5分
詳細はバルテックのHPを御覧ください。

お申込み

■FAbank登録者の方(お席を優先確保いたします): こちらから「hireLink参加希望」と書いてメールしてください。
■Connpassから応募: Connpassから応募

hireLink vol.5 GrowthHack チーム開発を爆進させる組織と開発環境 イベントレポート前編

こんにちは!FAbank事務局の工藤です。

さて今回は去る9/2(水)に株式会社シロクのエンジニア様3名をお迎えし開催されたhireLink vo.5 GrowthHack チーム開発を爆進させる組織と開発環境 〜7000アプリを抱えるBtoBtoCの極意〜のイベントレポート前編をお送りいたします。

この日は台風直撃(今年は本当に多いですよねー)による悪天候にもかかわらず、多くの方にご来場していただきました。

まずはサイバーエージェント社内定時代にMy365をヒットさせ、株式会社シロクを創業。現在は同社の取締役を務めつつエンジニアとしての仕事も続ける片岡直之さんにご登壇いただき、組織の成長と課題についてお話をいただきました。
kataoka

組織の成長と課題について

BtoBtoC向けグロースハックツール事業で急成長したシロクでは近年エンジニアを積極採用しています。社内のエンジニア数が創業時は1人、しばらくは3人体制だったものが現在は20人体制となったため、「時間と距離の問題」が生じました。3人だった頃は一人ひとりの距離が近いため、困っているメンバーややる気のないメンバーがいればすぐに気づく事ができた。また、1人と30分のミーティングをしたとしても、自分自身の仕事時間をたっぷりと確保することが出来た。
しかし20人となるとそうは行かない。物理的な距離が離れると(リモート就労のメンバーもいる)個々のメンバーが今何に困っているのか、ぱっと見てすぐにはわからない。さらに、一人ひとりとミーティングしているとそれだけで自分が手を動かす時間がなくなってしまう。

そこで現在シロクでは細かいコミュニケーションやタスク管理を極力自動化して、価値ある部分にフォーカスするため様々なBotを導入しています。

アラートBot

NagoisCloudWatchから通知されれるアラートメールをYammerSlackに送るボットです。

コミットランキングBot

Gitのコミットをランキング化してSlack、Apacheに通知。ただ単にコミット数を集計してコミットの多い人を表彰するというわけではなく、これにより問題にハマっているメンバーや乗りに乗っているメンバーが誰か気がつくことが出来ます。

Redmine Bot

Redmineの更新は面倒で滞りがちになってしまいがち。そこで、Redmineの情報をBotでSlackに送ります。

Asana/Redmine sync Bot

先ほどのRedmine Botと少し似ているのですが、文字通りAsanaとRedmineを同期させ、見落としやケアレスミスをなくしタスク管理を円滑化します。

新規顧客通知Bot

新しい利用者の登録があってもうまく営業へバトンタッチできない問題を解決するBot。MySQLデータベースで新規登録があると、その情報をYammer, Asanaへと送り営業部に自動的に引き継ぎます。

Support Bot

多くのサービスを扱っているのでサポートの窓口が多すぎて開発に集中できない。または連絡が来ているのを見落してしまう事がありました。そこでHelpScoutとSlack、メールをBotで同期させ、この課題を解決しています。
FullSizeRender-(1)

自動化のメリット

以上のようにSirokでは業務の多くの分野を自動化しています。自動化のメリットは以下のとおりです。

  • 時間が短縮できる
  • やり忘れることがない
  • 単調な仕事のストレスがなくなる
  • 価値ある仕事にフォーカスできる

自動化のデメリット

逆にデメリットもないわけではありません。自動化するにはそれなりに時間がかかります。

自動化の判断

Sirokでは自動化・ライブラリ化で「削減できる作業時間」が「自動化するのにかかる時間」より多ければ自動化するのを推奨しています。
効率化できると判断すれば、業務時間に進行中のプロジェクトと直接関係ないツールを作ってもOKとしています。

…うーむなんとも先進的な開発環境ですね!
hireLink vol.5 GrowthHack チーム開発を爆進させる組織と開発環境 イベントレポートは後編へ続きます。

なお株式会社トライブFABank事務局が主催する無料勉強会hireLink次回の予定はこちらです→ 10/1(木) hireLink vol.7 インパクト溢れるコンテンツの作り方 明日から使える発想法と着地術
よろしくどうぞ!
flyer_square