面接の心得

このコーナーでは面接の基本中の基本を掲載致します。当たり前だと思っていても、普段できていないと中々できないもの。面接前に再度読んで、事前準備を入念に行ってみてはいかがでしょうか?

いよいよ面接!そのとき…

オフィスビルに入ったときから面接は始っています!緊張せず、リラックスして挑みましょう。

フロントでの挨拶

その企業に訪問する約束をしている方はあなた一人ではありません。スムーズにご案内いただけるように「●●時に▲様と一次面接のお約束いただきましたえふえい太郎です。」と、時間・担当者名・要件・自身のフルネームをしっかりと伝えましょう。
【注意】
早く着いたからといって、30分以上も前に訪問するのはNGです。担当者はあなたとの面接だけではなく他の業務も受け持っています。目安として、5~10分前に訪問するようにし、早く着いたときにはロビーや周辺施設で待機しましょう。

担当者との初顔合わせ

案内された部屋に入る前に必ずノックをしましょう(ご案内してくれる方がいる場合にはノックは不要です)。
※必ず、着席を促されてから席についてください。
※面接担当の方が座ってから、座るようにします。

【担当者が先に部屋で待っている場合】
入室時に一礼をして、「本日はお時間いただきありがとうございます。えふえい太郎です。よろしくお願いします」と明るく元気に挨拶してから席に移動します。
【担当者が後から入室してくる場合】
立ったまま担当者が来るのを待ちます。座って待つように言われた場合には、一度着席し、担当者が入ってきたらすぐに席を立ち、その場で自己紹介して一礼します。

机の上に準備するもの

履歴書・職務経歴書・メモ帳を机の上に準備しましょう。
メモを取りながら話を聞くことで、「しっかりと聞いてくれている」という印象を持たれることもありますし、面接で話した内容を忘れてもメモを見返すことができます。
履歴書・職務経歴書を事前に送付している場合でも、当日提出を求められることもあるので必ず用意しておきましょう。

ハキハキとした口調で、担当者の目を見ながら話す

スキルや経験はもちろんですが、書類上では解からない人物面も採用担当者は重視します。「一緒に働きたい人」か「適応できるかどうか」を見ています。声は小さすぎてないか、コミュニケーション能力はどうか、人間関係でトラブルを起こさないか、忍耐力はあるのかなどが挙げられます。

入社後のイメージとのすり合わせ

自分がこの企業に入社したらどんな仕事に携わることができるのか。どんな役割を担うのか。貢献できるポイントは?など、面接時にどんどん質問しましょう。入社後のイメージを持つことで、クリアにしておきたいポイントを明確にします。

面接終了

椅子を元の位置に戻して、一礼してからお礼を伝えます。

面接官のチェックポイント

あくまで面接は採用担当者がその人の人柄・態度・スキル感などを見ていくテストのようなものです。スキル感は現場の採用担当者が同席していた場合。そうでなければ人柄・態度を中心に見ています。ここでは、面接官のチェックポイントをご紹介します。

面接官のチェックポイント1. 人柄

『普通にコミュニケーション能力があるかどうか?』をまず見ます。担当者が見ているのは担当者が質問した内容に対して、『正しい応えができているか?』というところです。余分な内容は付属で話す分には良いですが、余分な内容が主軸になるほど話すとマイナス査定になります。また元気な方やハキハキした応え方などが基本的には好まれます。自分自身少し元気が足りない、モゴモゴ喋っているように聞こえると言われたことがある方は一度声を出す練習をしてみてはいかがでしょうか?

面接官のチェックポイント2. 態度

単純に初めて会う方に対する態度が悪い場合、面接官の印象は悪くなります。

  • ・背もたれに寄りかかって座る
  • ・名刺の受け取り方
  • ・名刺の置き方
  • ・『どうぞお掛け下さい』と言われてから座る
  • ・面接中の所作 話し方

などを面接官は見ています。技術職などでは甘くなりがちですが、基本的にはどの職種でも見ている内容は一緒です。

面接官のチェックポイント3. スキル感

現場の担当者が同席した際、スキル感を捉えられることがあります。自分自身が今まで経験した仕事内容と自分自身が今まで取り組んできた勉強などアピールできるところはしっかり話していきましょう。面接官に解りやすく簡潔に伝えるように心がけましょう。

こんな面接はダメだ!

あくまで面接は採用担当者がその人の人柄・態度・スキル感などを見ていくテストのようなものです。スキル感は現場の採用担当者が同席していた場合。そうでなければ人柄・態度を中心に見ています。ここでは、面接官のチェックポイントをご紹介します。

こんな面接はダメだ1. 自分の主張が強すぎる

自分があーしたいこうしたいなどのことしか言わず、それをしたら企業のためになるの?という企業側からのツッコミがある内容を伝えても意味がありません。自分がやっていきたいことと企業側が求めていることがマッチしているという内容で伝えるようにしましょう。企業担当者と話すときは、その企業の方向性や面接に来ている求職者にどのようなことを期待しているかなどを確認しながら話していきましょう。

こんな面接はダメだ2. 企業担当者と会話ができていない

企業担当者の質問に対して、ズレた応えをした時に、企業担当者は単純に『会話ができない人だな』と感じるはずです。このようなことを感じさせた段階で面接は不合格と思ったほうが良いでしょう。
たとえば
面接官:『弊社に入って何をしていただけますか?』
求職者:『正社員として働かせていただき、貢献したいと考えております。』
この時点で面接官は会話できない人だと感じます。興味がなくなった段階で、早く面接を終わらせるように必要なフローだけを行って不合格を付けるでしょう。
たとえば
『簡潔にお伝えするとWebデザインで貢献したいと考えております。今まで経験してきたWebデザインには自信があり、様々なデザインに向き合ってきましたので、クライアントと調整しながらサイト作りをすることが可能です。0ベースからでも作成してきましたので、御社の受託案件で貢献できると思います。』などの貢献できる内容を具体的に伝えていきましょう。

こんな面接はダメだ3. 態度が悪い

いつも行っている仕草は面接でも意識をしていないと出てしまいます。
たとえば

  • ・身だしなみ
  • ・名刺の受け取り方
  • ・座り方

面接の際は失礼のない行動を心がけましょう。

こんな面接はダメだ4. 志望動機がない

面接官:『どうして弊社を志望されたのですか?』
求職者:『御社のゲームタイトルを多く利用させていただき、自分自身楽しめる環境だと思ったからです。』
志望した理由になっていません。
面接官が興味あるのは求職者がその企業に対して、どういった意気込みがあるかを聞いています。ただ単純に自分自身が楽しめるからなど企業にとって何のメリットにもならないことを言われても、面接官は興味を持つことができません。
『御社のゲームタイトルを多く利用させていただき、自分なりに企画書を作成して参りました。こういった企画を実際に取り入れたほうが、プレイヤーが楽しめ、かつアイテム購入率なども上がるのではないでしょうか?』などの具体的な提案をする。『自分のスキルではまだ未熟な部分はあると思いますが、Javaのスキルには自信があります。このスキルをベースに御社のアプリ開発に貢献させていただきたいと考えており、今回ご応募させていただきました。』など採用担当者の興味を引き出すような応えをしていきましょう。

まとめ

  • 元気よくハキハキと、担当者の目を見て話す。
  • 面接官が投げかけた質問に対して、正しい受け答えをする。
  • 身だしなみや話し方、椅子の座り方など、失礼のない行動を心がける。
  • 会社への貢献方法や、具体的なアイデアなど、採用担当者の興味を持つ志望動機を伝える。
  • 今まで培ってきたスキル・経験を転職後どのように活かせるかを伝える。
  • 今後のキャリアプランや何を身につけていきたいかを交えて、経歴や志望動機を伝える。