履歴書の書き方

履歴書は、あなた自身をPRする書類として欠かせないものです。記入ミスや空欄の目立つ履歴書は、それだけで企業の採用担当者の印象はマイナスになってしまいます。ここでは、履歴書を書く前に押さえておくべき点から、各項目ごとの書き方、具体的な志望動機の書き方まで、履歴書を作成する上で重要なポイントを解説していきます。

STEP.1 履歴書を書き出す前におさえておくべき注意ポイント

黒のボールペンもしくは
万年筆で書く

履歴書の記入には、黒のボールペンか万年筆を使用します。鉛筆やシャープペンシルは不可。履歴書は正式な書類ですので、「消せるボールペン」は使えません。

文章形式や年号(和暦・
西暦)を統一する

文章形式は「です・ます」で統一します。年号は和暦(平成・昭和)、西暦どちらを使っても問題ありません。ただし、和暦もしくは西暦どちらかに統一しましょう。また、数字は算用数字を使用しましょう。

修正テープや修正ペン、
横線での修正はNG

記入ミスをした場合は、最初から書き直しが基本です。修正された後がわかる履歴書は、それだけで選考から外されるケースもあります。

きれいな字を意識して、
一字一字丁寧に書く

字に自信がないという人でも、一字一字、「読みやすい字」を心がけ丁寧に書くことで、印象の良い履歴書になります。

誤字・脱字は厳禁!
略字で書かない

どれだけ魅力的な履歴書でも、誤字・脱字ひとつで台無しになります。略字も、手抜きな印象を与えてしまいます。

入学・卒業・入社・退社の
年月は正しく書く

入学・卒業・入社・退社の年月は必ず確認をしましょう。早見表が掲載されたWebサイトを活用すると安心です。

STEP.2 履歴書を書いている時の注意ポイント




基本情報

基本情報の書き方のポイント

氏名、写真、生年月日、住所、メールアドレス、電話番号など応募者の基本となる情報です。省略せずに正式なものを書きましょう。また、企業の採用担当者が最初に目をとめるのが、写真です。履歴書の写真から仕事への意欲や性格といった人物像をイメージする採用担当者もいますので、好印象を与える表情、服装に気を配りましょう。撮影はスピード写真ではなく、撮影スタジオで行なうと、写りの質も上がり、良い印象を与えます。

1日付

履歴書を作成した日ではなく、提出した日(郵送した日、メール送信した日)の日付を記入します。面接など、直接持参の場合は持参日となります。西暦・和暦は履歴書全体で統一します。

2写真

写真は2.4×3cmか3×4cmが一般的です。3カ月以内に撮影されたもので、スーツ着用、髪型・服装の乱れが無いものを使用しましょう。また、写真の裏に名前を記入しておきましょう。

3氏名

名前は大きな字で丁寧に書きましょう。「ふりがな」はひらがなで、「フリガナ」はカタカナで書きます。名字と名前の間に、1文字分スペースを開けるときれいに見えます。

4生年月日・性別

年齢は、提出日の満年齢を書きます。

5現住所

都道府県名から書き、マンション・アパートの名称、部屋番号も省略せずに正しく書きます。

6電話・E-mail

メールアドレスは普段使用しているものを書くことが望ましいですが、転職活動用として取得したフリーメールなどでも良いでしょう。また、勤務先のアドレスは不適当ですので使用しないようにしましょう。

学歴・職歴

学歴・職歴の書き方のポイント

転職者の場合、学歴は高校卒業から大学卒業までの記入で十分です。入学・卒業年度は正しく、学校名称も正式な名称で記入しましょう。単純な記入ミスでも、正式書類をきちんと書けないと判断され、それだけで不採用になるケースもあります。
また、採用担当者は、応募者の過去の職歴および転職回数から、「自社ですぐに戦力として活躍してくれる人材か?」「定着してくれるか?」などをチェックしています。 学歴は1行目に「学歴」と中央に記し、その次の行から実際の学歴を書き、職歴も同様に「職歴」と書いた後、今までの職歴をまとめます。最後の行には右端に「以上」と書いて締めくくりましょう。

7学歴

学校名は省略せずに「○○区立」など正式名称を入れます。高等学校・専門学校・短期大学・大学では「学部・学科・専攻」まで記載します。同じく卒業時も、学校名・学部・学科を省略せずに書いた後に「卒業」と記載します。

8職歴

実際の職歴を古い順に記載し、「株式会社」を「(株)」などと省略せず正式名称で記載します。行数に余裕があれば会社名のほかに 業種・従業員数・所属部署、簡単な職務内容も明記しましょう。
退職理由は「一身上の都合により退職」と書くのが一般的ですが、「会社都合による退職」「出産のため退職」などは記載してもよいでしょう。

免許・資格

免許・資格の書き方のポイント

保有数の多い・少ないではなく、企業が求めている職種(スキル)に合った免許や資格を保有しているかがポイントになります。また、志望する仕事に活かせるものであれば、取得に向けて勉強中であることや、取得予定時期を記載しましょう。特に実務経験が浅い職種への転職の場合、資格取得に向けて勉強中であることは、意欲や好奇心の旺盛さをアピールできます。

9免許・資格

正式名称と正しい等級で記載します。また自動車免許保持者は、どんな職種・業種に応募する場合でも必ず書きましょう。
資格をたくさん所有している方は、応募企業や職種にあったものだけを抜粋して記入することで、履歴書の訴求力が高まります。

志望動機

志望動機の書き方のポイント

履歴書では、職歴と同じくらい志望動機は重要です。「自由な社風にひかれた」「大手企業だから」「給与が高いから」といった理由だけでは、採用担当者にとって「あなたを選ぶ理由」がありません。 志望企業の事業内容や職務内容を十分に理解した上で、「いままでの職務経験を生かし、入社したらどんな仕事をしたいのか」といった内容を記載するとよいでしょう。履歴書の中でも大きくスペースを占めていますので、枠内の9割は埋めるようにしてください。

10志望動機

「御社の将来性にひかれました」「事業内容に興味を持ちました」など、どんな企業でもあてはまるような抽象的な内容ではなく、応募企業の独自性や強みをきちんと理解した上で、「なぜその企業に応募したのか?」をあなた自身の言葉で書きましょう。

趣味・特技・本人希望欄の書き方

趣味・特技・本人希望欄の書き方の
ポイント

趣味・特技欄はあなたの人柄を採用担当者に伝える重要な項目なので、空欄にせずきっちり記載しましょう。また、本人希望欄で、待遇や勤務地についての希望をいきなり書くのは採用担当者に良い印象を与えません。「前職経験を活かしてどのように仕事をしていきたいのか」「将来的に目指している姿」など、志望動機と希望をからめて、自己アピールをするとよいでしょう。

11趣味・特技

あなたの人柄を伺える項目です。面接で、趣味や特技から話が弾むこともあるので、記載しましょう。書き方は、「映画鑑賞」ではなく、「映画鑑賞(アクション映画を中心に年200本)」にように、具体的に入れるとより効果的です。

12本人希望欄

募集職種や勤務地が多い場合は、希望職種・勤務地を記載します。特にこだわりがある場合は記載しますが、募集要項の条件で問題なければ「貴社の規定でお願いいたします」と記載します。

13最寄り駅

通勤に使用する沿線・駅を記入します。

14扶養家族数・配偶者の有無・扶養義務

家族手当など、待遇面に関係することがあるので、現在の状況を記載しましょう。

履歴書の書き方を理解したら、職務経歴書の書き方もおさえておきましょう。